初心者必見!高性能なゲーミングPCを作るには?

熱心なゲーマーたちの間で常に盛り上がっているのが、最高のゲーミングPCはどうやったら作れるのか、という話題です。その答えの大半はあなたの予算次第で決まってきますが、少ない予算でも自分の希望に沿ったPCを自作することはほぼ確実に可能です。では、まずはグラフィックボードの話から始めましょう!

ゲーミング関連のパーツの価格は、異常に高騰することがあります。かつて5万円で買えたグラフィックボードが今では7万円もするのです!テック製品は通常であれば新たなテクノロジーや製品の開発によって価格が下がっていくものなので、このような価格の高騰は、異常なことです。

グラフィックボードの価格が高騰した主な要因は、仮想通貨マイニングにあります。世界中の人々が仮想通貨のマイニングのために、グラフィックボードを大量購入したため、在庫がどんどん少なくなっていったのです。需要は莫大で供給は圧倒的に小さいため、自動的に価格が高騰していきました。最近ではマイニングも落ち着いてきましたが、価格はそのままです。

グラフィックボードに加えて、優れたゲーミングPCにするためには、性能の良いCPUが必要ですが、最重要項目とまでは言えません。気兼ねなくゲームをプレイする、要求スペックの高いソフトウェアを問題なく動かすといった場合を考えると、メモリは32GBを用意することをおすすめします。

さて、次はモニターです。解像度を上げれば上げるほど、要求スペックの高いゲームをプレイする場合の性能も上がります。32インチの4Kモニターを購入する前に、自分のPCの性能を把握しておきましょう。PCの性能を最高設定にした場合、ゲーム動作に変化がありますか?解像度とサイズの他にも、モニターには、以下の2つの重要な要素があります。

  1. リフレッシュレート

モニターが1秒間に表示できるフレームの数が多ければ多いほど、ゲーム体験はより楽しく美しいものになります。リフレッシュレートが144 Hzのモニターを購入することを推奨します。もちろんそれ以上でも良いですが、120 Hz未満は避けましょう。

  1. 遅延

FPSゲームをプレイする人には特に重要です。モニターは、遅延「1ms」のものを購入するようにしましょう。これはつまり遅延が最小限であることを意味しており、「CS:GO」のプロプレイヤーもこの手のモニターを使っています。とは言え、遅延1msのモニターがとんでもない高額というわけではなく、誰でも購入できるようなお手頃価格なので安心してください。

高性能なゲームPCを作る際の最重要ポイントは、以上です。皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています!お気に入りのゲームは?ご自分のPCの構成は?AMD派か、NVIDIA派かなど、ゲームやゲームPCにまつわるご意見をシェアしていただけたら嬉しいです!